第8回 「夏休み、ママのチャレンジ~ゆりさん編」

ゆりさんのチャレンジは、子どもの自由研究のアシスト!
まだ低学年のお子さんですが、パラリンピックを目指す選手へインタビューして、模造紙にまとめました。

今回は、チャレンジを通り越して、ゆりさんがパラリンピックについて熱く語ります。

インタビューのお相手は、視覚に障害のあるパラリンピック選手。
ブラインドサッカーの選手と、視覚障害者マラソンの選手にお話をお聞きしました。

視覚に障害があると聞いて、まったく何も見えない状態なんだろうと想像する人が多いと思います。
でも、見え方もさまざまなんです。
右目はまったくみえない、とか、左目は光がわかる、とか。
そういうのも、実際にお会いしないとわからないことですね。

子どもは先入観がありませんので、選手のお二人の明るいお人柄をしっかりつかんで、仲良くなりました。
パラリンピック競技も大好きになりました。

今回の配信で、パラリンピックに興味を持つ方が増えてくれると嬉しいです。
パラリンピックのチケットも買って、みんなで応援しましょう!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA